2013年1月20日

公現後最終主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Catchy @ 10:30

公現後最終主日礼拝

公現後最終主日礼拝  10:30

司    会  和田  勝幸
説    教  関田  寛雄 牧師
奏    楽  森 友紀

前    奏  (黙祷)
招    詞  (黙示録3,8)
讃 美 歌  57「ガリラヤの風かおる丘で」
交 読 文  詩編19編(「交読文」p.5)
旧約聖書  エレミヤ書1,4-10(旧p.1202)
新約聖書  マタイによる福音書4,18-25(新p.5)
祈    祷  
説    教  「すぐに従う」
祈    祷
讃 美 歌  507「主に従うことは」
献    金
主 の 祈  93-5
頌    栄  24
祝    祷
後    奏
			

  • 教会学校 「恵みの豊かさ」(使徒20,35) 木下由美子

 

本日礼拝後

  • ガリラヤ会 「バングラデシュでの学校設立活動」(鈴木恵美子)
  • 青年会 「関田先生を囲んで」
  • 壮年会

 

今週の集会

  • 祈り会 1月16日(水)10:30-11:30 会議室A。前回に続き、村上先生の解説によるボンヘッファーの「キリストに従う」をCDで聴き共に祈ります。

 

次週(1月27日)予告

  • 教会学校 「いちばん偉い人」(マルコ9,35) 土田潤子
  • オリーブ会 9:40-10:00

 

今後の礼拝・集会予定

  • 1月26日(土)故・IYさん納骨式
  • 2月3日(日)陶山義雄牧師による説教
  • 2月10日(日)定期役員会
  • 2月17日(日)村上伸牧師による説教
  • 2月26日(日)下村優牧師による説教
  • 3月3日(日)陶山義雄牧師による説教
  • 3月10日(日)定期役員会

 

牧師室から

 お正月に、ときおり学生たちから携帯電話で撮影した「初日の出」の画像が届く。おそらく初詣が、本来「宗教」的な行為であるという自覚はないだろう。

 創世記の創造神話が生まれた時代(捕囚期ないしペルシア時代)、周辺世界の「星辰崇拝」は、イスラエル民族に伝統的な拝一神教が、「創造神」信仰へと拡大されるための、重要なきっかけになったに違いない。

 創造の最初が「光あれ!」であるのはよいとしても、太陽や月は神そのものではなく、第4日目の被造物とされる(創世記1章を参照)。

 それでも世界の諸宗教で日輪崇拝があるのは、さほど不思議なことではない。太陽光は、じっさい地球生命を支えている。

 古代ギリシア神殿の遺跡を訊ねると、しばしばそれは巨大な光溢れる空間の中にある。古代ギリシアで「栄光」を意味する「ドクサ」の語の原義は、「輝き・反射光」である。

 パウロは「私たちの艱難の当面の軽さは、はるかに優った栄光の永遠の重さを私たちにもたらす」という(2コリ4,17参照)。彼がギリシア語で「栄光の重さ」というのは、ヘブライ語で「栄光」を表す原語「カボード」の原義が「重み」であるからだ。

 「輝き」と「重み」――それぞれ天空と大地を示唆するようで対照的だが、どちらももともと感覚言語であり、それが「尊厳」「名誉」を意味する抽象概念に転じている。ユダヤ・キリスト教もまた、自然体験や身体と無縁でないのである。(廣石望)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.177 sec. Powered by WordPress ME