2011年2月27日

受難節前第2主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 10:30

受難節前第2主日礼拝

受難節前第2主日礼拝(No.9)
           司会説教 村椿嘉信
           奏  楽 鈴木伶子
前  奏 (黙祷)
招  詞 (詩編31編22,24-25)
讃 美 歌 157
交 読 文 詩編67編(p.23)
旧約聖書 イザヤ書55,1-3(p.1152)
新約聖書 マタイによる福音書5,43-48(p.8)
祈  祷
説  教 「他者への愛」
祈  祷
讃 美 歌 288
献  金
主 の 祈 93-5
頌  栄 25
祈  祷
後  奏
			

  • オリーブ会 9:40-10:10 牧師室

 

本日礼拝後

  • 9条の会 27日礼拝後-13:00 テーマ:「核廃絶運動と国家」 担当:岡本磐男

 

今週の集会

  • 祈り会 3月2日(水) 10:30-11:30 会議室A 詩編119,89-96を学び、ともに祈ります。

 

次週(3月6日)予告

  • オリーブ会 9:40-10:10 牧師室
  • 受難節前第1主日礼拝 10:30-
    説教:「」
    説教担当:廣石望副牧師
  • 9条の会 27日礼拝後-13:00 テーマ:「核廃絶運動と国家」 担当:岡本磐男

 

今後の主な集会

  • 受難節第1主日礼拝 3月13日 10:30-
    経堂緑岡教会との「講壇交換」として
    説教担当:松本敏之牧師
    説教:ユダとピラト(マタイ27,1-14.23-27
    なお松本牧師は教会学校礼拝も担当されます
  • 2011年度教会総会 4月17日(日)礼拝後に開催します。役員会では、そのための準備をしています。なお今年のイースターは24日(日)です。
  •  

 

報告

  • 廣石望副牧師:インドのケララ州で開かれるフェリス女学院大学の国際ワークキャンプに参加されています。28日(月)に帰国予定。

 

会場使用

  • ACPA:毎日曜17時から
  • アルコホーリクス・アノニマス:毎木曜19時半から

 

説教より

 マザーテレサ(1910−97年)の次のような言葉は、愛について考える場合にとても示唆に富んでいます。マザーテレサ自身、聖書から学んだことです。

「愛の反対は、憎しみではなく、無関心である」
「人生にとって最大の不幸は、見捨てられることです」
「今日の最大の病気は、自分はいてもいなくてもいい、誰もかまってくれない、みんなから見捨てられていると感じることです」
「人に生きる力を与えるのは愛であり、人を絶望の淵においやるのは見捨てることです」

 イエスは、この世から見捨てられた人たちを訪ね、愛をもって受け入れました。イエスはあらゆる人々を愛したのに、その人々はイエスを愛さず、イエスを苦しめ、見捨て、十字架にかけました。しかしイエスは、その人たちを愛すことをやめず、その人たちに赦しをもたらし、神の国へと招きました。

 そのイエスは、十字架で、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」と叫びましたが、神はイエスを見捨てませんでした(復活によってそのことが明らかにされました)。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.169 sec. Powered by WordPress ME