2008年7月20日

三位一体後第9主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Catchy @ 00:00

三位一体後第9主日礼拝

2008年7月20日

    三位一体後第9主日礼拝 10:30
司会・説教 村上    伸
奏      楽 中村今日子
前      奏
招      詞 (ハバクク書2,20)
讃  美  歌 12
交  読  文 詩121編 (p.34)
旧約  聖書 箴言10,1-12 (p.1003)
新約  聖書 ペトロの手紙一4,7-11 (p.433)
祈      祷
説      教 「愛は多くの罪を覆う」
祈      祷
讃  美  歌 479
献      金
主  の  祈 93-5
頌      栄 26
祝      祷
後      奏
			

報 告 (ご高齢の方、お疲れの方は、讃美歌を歌う際、着席のままで結構です)

教会学校

本日礼拝後

  • 讃美歌練習 礼拝後約10分、会堂で。黒髪紀子さんの指導で198番を練習。
  • 青年会 讃美歌練習後〜13:00 牧師室。主題は「秋葉原の通り魔事件について」。
  • ガリラヤ会 讃美歌練習後〜13:00、会議室A。西田和子さんのお話「新たに知った戦時下母校の苦難」を聞きます。
  • 壮年会 讃美歌練習後〜13:00、会議室B。句会(2回目)を楽しみます。

今週の集会

  • 祈り会 23日(水)10:30から、会議室A。詩編第16編を学び、共に祈ります。
  • 家庭集会 25日(金)19:00 西田和子さん宅で。遠藤周作『キリストの誕生』最終回。

次週(7月27日)予告

  • 教会学校 9:00 お話 「エッファタ」(マルコ7:31-37)村上 雅子
  • 三位一体後第10主日礼拝 説教「深い悲しみ」 (ローマ9,1-5) 村上牧師
  • 讃美歌練習
  • 懇談会
  • 9条の会

 

報告

  • 村上牧師の牧師館滞在予定
    • 23日(水)午前〜24日(木)午前
    • 26日(土)午後〜27日(日)午後

 

牧師室から

 古来、エルサレム神殿に異邦人が入ることは許されませんでした。イスラエル人でも、出産後の女性や(レビ記12章)や、皮膚病で祭司に「汚れている」と判定された人(同13章)は、入れなかった。神殿儀礼に与って神の祝福を受けるには、「資格」が必要だったのです。

 しかし、詩編15編1節で詩人が「主よ、どのような人が、あなたの幕屋に宿り、聖なる山に住むことができるのでしょうか」と問うたとき、彼はそのような意味での「資格」は全く問題にしていませんでした。

 「正しいことを行う人」「真実の言葉」(2節)を語る人、もう少し具体的に言うなら、共に生きるべき人々を「中傷せず…嘲らない人」(4節)、「主(ヤハウエ)を畏れる人を尊び」「悪事をしないとの誓いを守る人」()、貧しい人に金を貸しても「利息を取らず、賄賂を受けて無実の人を陥れたりしない人」(5節)なら、誰でも「聖所に立つ」(詩24,3)ことができる、と詩人は言います。偉大な預言者たち(イザヤ、エレミヤ、ホセア、アモスなど)の精神に従うことによって、彼は形式的な律法主義を克服したのです。

 例えば預言者ミカは、「何をもって、わたしは主の御前に出で、いと高き神にぬかずくべきか。焼き尽くす献げ物として当歳の小牛をもって御前に出るべきか。主は喜ばれるだろうか、幾千の雄羊、幾万の油の流れを。…人よ、何が善であり、主が何をお前に求めておられるかはお前に告げられている。正義を行い、慈しみを愛し、へりくだって神と共に歩むこと、これである」(ミカ書6,6-8)と言いました。これこそ預言者の精神です。そして、これを最も正確に理解して受け継いだのがイエスだったのです(村上伸)。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.174 sec. Powered by WordPress ME