2007年12月23日

クリスマス礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 00:01

クリスマス礼拝

2007年12月23日

  クリスマス礼拝  10:30
司会・説教 村上  伸
奏      楽 鈴木伶子

クランツに点火 (讃美歌242番4節)
前      奏
招      詞 (イザヤ書60,1-2)
讃  美  歌 255
詩編  交読 詩115編 (p.127)
旧約  聖書 サムエル記上2,1-11 (p.429)
新約  聖書 ルカ福音書1,46-55 (p.101)
祈      祷
説      教 「マリアの賛歌」
祈      祷
讃  美  歌 249
聖  餐  式 (配餐:木下毅、黒髪、土田)
献      金
主  の  祈 93-5
頌      栄 27
祝      祷
後      奏
			

報 告 (ご高齢の方、お疲れの方は、讃美歌を歌う際、着席のままで結構です)

本日礼拝後

  • クリスマス祝会 12:10-14:30 礼拝堂。今年新会員となられた方を歓迎し、昼食を共にして交わりを深めます。音楽や「志ん軽」さんの福音落語など、さまざまな楽しみも用意されています。―― なお、礼拝後すぐ会場作りを始めますので、体力に自信のある方はご協力下さい。

今週の集会

  • 教会学校クリスマス祝会 24日(月・祝日)午後3時から5時ごろまで礼拝堂で。歌や劇など多彩なプログラム。教会学校に来たことのないお子さんもお誘い下さい。
  • 聖夜燭火礼拝 24日(月) 18:00〜19:00 礼拝堂。ローソクを灯して主イエスの誕生を祝います。
    説教「自分を無にして」(フィリピ2,6-11)廣石副牧師

  • キャロリング 燭火礼拝終了後、有志が街頭に出て讃美歌を歌います。どなたも参加自由。世界の平和を祈りながら、心をこめて歌声を合わせましょう。
  • 祈り会 今週は休みます。

 

次週(12月30日)予告

  • 教会学校 9:00

 

報告

  • 村上牧師の牧師館滞在予定
    • 29日(土)午後〜30日(日)午後

 

牧師室から

 ヨハネは、義を説いたために領主ヘロデに憎まれ、投獄された。これが世界の現実である。イエスこそ「来るべき方」であると信じていたヨハネも、この状況に直面すると弟子を遣わして「あなたは本当にメシアか?」と問わせる。

 これに対してイエスは、「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、らい病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。わたしにつまずかない人は幸いである」(マタイ11章5-6節)と答えた。

 イエスはここで、自らの「メシア性」を証明するために「我田引水的な」発言をしたわけではないであろう。そうした「自己顕示欲」ほどイエスに縁遠いものはないからである。

 むしろ、彼は預言者イザヤの言葉(イザヤ書35章4節以下42章6節以下、及び61章1節以下を参照)を引用したのだ。

 イザヤは、苦悩の中にいる民に向かって、神が彼らを見捨てることは決してないという慰めを、永遠の約束として繰り返し語った。

 この「神の永遠の約束」を受け継ぎ、自らの生命をかけて証し続けること! ここに自らの生涯の使命があるということを、イエスはここで宣言したのではなかったか(村上伸)。

 
 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.132 sec. Powered by WordPress ME