2008年7月27日

三位一体後第10主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 10:30

三位一体後第10主日礼拝

2008年7月27日

    三位一体後第10主日礼拝 10:30
司会・説教 村上 伸
奏      楽 玉嵜順子

前      奏
招      詞 (ヨハネ4,23)
讃  美  歌 16
交  読  文 詩98編 (p.30)
旧約  聖書 申命記7,6-8 (p.292)
新約  聖書 ローマの信徒への手紙9,1-5 (p.286)
祈      祷
説      教 「深い悲しみ」
祈      祷
讃  美  歌 479
献      金
主  の  祈 93-5
頌      栄 26
祝      祷
後      奏
			

報 告 (ご高齢の方、お疲れの方は、讃美歌を歌う際、着席のままで結構です)

教会学校

本日礼拝後

  • 讃美歌練習 礼拝後約10分、会堂で。木下由美子さんの指導で200番を練習。
  • 懇談会 讃美歌練習後〜13:00 会議室A。主題は「竹島問題」(「牧師室から」参照)。
  • 9条の会 13:00〜14:00、会議室A。小川哲夫さんが「東アジア150年の歴史と将来展望」というテーマで発題。
  • 教会学校主催「流しそうめん会」 夕方5時から屋上のウッドデッキで。どなたも自由に参加できます。

今週の集会

  • 祈り会 30日(水)10:30から、会議室A。詩編第17編の学びと祈り。夏休み前の最終回です。

次週(8月3日)予告

  • 教会学校 9:00 お話 「4000人に食事」(マルコ8:1-13)和田 勝幸
  • 平和聖日礼拝 説教「まず自分の目から」 (マタイ7,1-6) 村上牧師
    聖餐式を執行いたします。
  • 8月(短縮)役員会

 

報告

  • 8月の教会活動 例年通り8月は教会学校と主日礼拝以外はすべての教会活動を休みます。また、月の前半は廣石副牧師が、後半は村上牧師が休暇を取ります。
  • 村上牧師の牧師館滞在予定
    • 30日(水)午前〜31日(木)午前
    • 8月2日(土)午後〜3日(日)午後

 

牧師室から

 現在日韓両国の間に緊張をもたらしている「竹島(韓国名・独島)」の問題について、日本キリスト改革派金沢伝道所牧師・漆崎英之さんが重要な発言をしています(「平和を実現するキリスト者ネット」ニュースレター86号参照)。

 彼は、「国立公文書館」に保存されている関係文書を調べ、その中から二つの重要文書を見つけ出したのです。いずれも明治政府の最高決定機関であった「太政官」の布告です。

 一つは1877(明治10)年3月29日付けで、いかめしい文語体ですが、分かり易く書けば、「竹島外一島の件については、わが国と関係がないと心得よ」(2A10公2032)というもの。

 もう一つは恐らくその前年の布告で、これは「日本海内にある竹島外一島を版図外(領土外)と定める」(2A9太318)と明言しています。

 漆崎牧師は、これらは「竹島の領有について確認した日本国の国家的意思の表明である」と確認した上で、政府がこの太政官布告に反して突如竹島を島根県に編入したのは(1905年)、明らかに1910年の「朝鮮併合」の前触れであったと述べています。説得力ある議論と言わねばなりません。

 敗戦後、日本は朝鮮半島における36年間の植民地支配を反省、領土はすべて元通りになりました。この反省が心からのものであるなら、竹島の領有権は主張できない筈です。

 政府は「双方とも冷静に」と言いますが、それよりも、過去の歴史と誠実に向き合うことのほうが先ではないでしょうか(村上伸)。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.198 sec. Powered by WordPress ME