2021年7月11日

聖霊降臨節第8主日・インターナショナルサンデー

Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:03

聖霊降臨節第8主日・インターナショナルサンデー

 

教会からのお願い

コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

聖霊降臨節第8主日礼拝
インターナショナルサンデー

午前10:30~11:10(短縮形式)
    司会:中村吉基
    説教:金迅野
    奏楽:ヒムプレーヤー

前    奏  (黙祷)
招    詞  イザヤ書60:1 
讃 美 歌  505(歩ませてください)
聖書朗読  列王記上19:10 (旧p.566)
          ローマの信徒への手紙11:1~8 (新p.289)
祈    祷
説    教  「『残りの者』の生」金迅野牧師
祈    祷  
讃 美 歌  520(真実に清く生きたい)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
祝    祷  
後    奏  

報    告
			

 

本日の集会

  • 講演会:13:00~14:00「ヘイトをくぐりぬけて生きるために」金迅野牧師
  • Zoomで講演会に参加する
    (※マイクをミュートしてご参加ください)

 

今週の集会

 

次週予告(2021年7月18日)

 

予告

平和聖日礼拝のごあんない

  • 8月1日(日)10:30~11:10
  • 説教者:佐原光児牧師(桜美林大学芸術文化学群准教授)

 

本日の説教者・金迅野(キム・シンヤ)先生ご紹介

(ご略歴)
 1960年、在日コリアン2世の父と自称江戸っ子の母の間に生まれる。東京生まれ。慶応義塾大学卒業後、出版社、行政系財団法人勤務などの職業経験を経て、日本聖書神学校卒業。2012年4月在日大韓基督教会横須賀教会に赴任。立教大学大学院キリスト教学研究科博士前期課程修了(実践神学修士)。2020年4月より立教大学大学院キリスト教学研究科特任准教授。専門は実践神学、「多文化共生」論と「人権」教育を担当。マイノリティ宣教センター運営委員。

(自己紹介)
 在日大韓基督教会横須賀教会の金迅野と申します。在日大韓基督教会は、1906年韓国からの留学生たちが東京朝鮮基督教青年会(現在の在日本韓国YMCAの前身)を設立したことに淵源を持ちます。戦時中、日本基督教会、日本基督教団への合同を経験し、戦後に独立、1984年には日本基督教団と宣教協約を締結しました。私が奉仕する横須賀教会は米軍基地に近いところにあります。戦前の海軍基地で労働力として動員された在日朝鮮人と子孫、国際結婚で日本に移住した韓国人女性と家族、韓国からの長期出張者と家族、米軍で働く在米韓国人と家族などが構成員です。「多様性」の尊重に困難が伴うことは、パウロの教会の経験と重なるものかもしれません。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.142 sec. Powered by WordPress ME