2020年2月23日

受難節前第1主日

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 10:30

受難節前第1主日

受難節前第1主日礼拝 午前10:30
    司会・説教:中村吉基
    奏楽:槙和彦

前    奏  (黙祷)
招    詞  詩編124編8節
讃 美 歌  19(み栄え告げる歌は)
交    読  詩編99編(讃美歌21巻末「交読詩編」p.108)
聖書朗読  出エジプト記24,12-18 (旧p.134)
          マタイによる福音書17,1-9 (新p.32)
祈    祷
説    教  「起きなさい、恐れることはない」 中村吉基
祈    祷  
讃 美 歌  503(ひかりにいます主)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝    祷  
後    奏  
			

  • オリーブ会 CS分級時、牧師館、担当:原田由加

 

本日の集会

  • 説教CD発送作業 礼拝後、C会議室

 

今週の集会

  • 祈り会(灰の水曜日) 2月26日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当:松原新吾

 

次週礼拝等(2020年3月1日)予告

  • 説教CD発送作業 礼拝後、C会議室

 

今後の予定(教会内)

  • イースター 4月12日(日)
  • 定期教会総会 4月26日(日)

 

牧師室から

 『信徒の友』の連載記事「『聖書 協会共同訳』を読む」第11回(2020年2月号)で、「聖書に書いてあるとおり三日目に復活した」(コリント一 15,4)の「復活した」に付された欄外注をとりあげた。

 そこに「直訳〈起こされた〉」とある。「復活した」と訳された原語が、「起こす」「眼覚めさせる」を意味するギリシア語動詞「エゲイロー」の完了受動態だからだ。

 受け身の動作主は神であり、「神がイエスを死者たちの中から起こした」(ロマ10,9他)と同じことだ。なぜ歴代の邦訳聖書が、それを「復活した」などという自動詞で訳すのかは不明だ。キリストは神だから自力で復活するということだろうか。

 コリント一15,3以下は有名な信仰告白の定式だ。協会共同訳は、キリストが「死んだ」「葬られた」「復活した」「現れた」と訳す。しかし「復活した」のみが、じっさいには「起こされている」という完了形だ。復活が過ぎ去らず、今に至るまで有効な現実であるからだろう。

 死者たちの復活は、世界の終わりに生じると信じられていた。死せるイエスを「起こす」ことで神は新しい世界を導入し、その創造行為が継続しているのである。 (廣石望)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.168 sec. Powered by WordPress ME