2020年1月26日

顕現後第3主日

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 10:30

顕現後第3主日

顕現後第3主日礼拝 午前10:30
    司会・説教:廣石望 
    奏楽:中村今日子

前    奏  (黙祷)
招    詞  ヨハネによる福音書 3,16
讃 美 歌  152(みめぐみふかき主に)
交    読  詩編86編1-10節(讃美歌21巻末「交読詩編」p.94)
聖書朗読  イザヤ書49,7-13 (旧p.1142)
          マタイによる福音書 8,5-13 (新p.13)
祈    祷
説    教  「東や西から」 廣石望
祈    祷
讃 美 歌  393(こころを一つに)
献    金  感謝祈祷:礼拝当番
主の祈り  93-5A
頌    栄  24(たたえよ、主の民)
祝    祷  
後    奏  
			

  • オリーブ会 中高科と合同、担当:内山伸子

 

本日の集会

  • 聖歌隊臨時練習 礼拝後11:45-12:45 会堂
  • 説教CD発送作業 礼拝後、C会議室

 

今週の集会

  • 祈り会 1月29日(水) 10:30-11:30 A会議室。担当: 村上進

 

次週礼拝等(2020年2月2日)予告

 

今後の予定(教会内)

  • ジャズ演奏会 3月29日(日)午後。出演:緑川英徳(アルトサックス)、西川直人(オルガン)、正清 泉(ドラムス)
  • イースター 4月12日(日)
  • 定期教会総会 4月26日(日)

 

今後の予定(教会外)

 

牧師室から

 今月19日「地球環境の問題を祈り考える礼拝」に続き、福島揚氏による特別講演「地球の危機とキリスト教〜崩壊の先に未来はあるか?」を聞いた。

 ごく一部の富裕層が引き起こす貧困の拡大、生態系の破壊、そして軍事化(戦争)が、地球全体の生命を危機に陥れており、破壊は加速度的に進んでいるとのこと。

 同様に田中健三氏は説教の中で、内村鑑三の洞察を引きつつ「聖書を通して万物を理解するのではなく、むしろ天然(自然と宇宙)を通して聖書を読むという観点」の重要性を指摘した。

 じっさいユダヤ教「知恵」思想は、知恵が神による世界創造を媒介したと捉え、イスラエル民族に固有の「律法」から自由に、世界と神を認識する道を開いた。またガリレオ・ガリレイ(1564-1642年)は宇宙全体を、幾何学の文字と数学の言語を用いて神が書いた「書物」に準え、『聖書』と同じくらい重視した。

 ならば私たちも、狭い意味のキリスト教主義の枠を超えて、天文学を含む科学者と共に、宇宙の彼方に向けて思いを馳せるのがよいだろう。(廣石望)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.186 sec. Powered by WordPress ME