2010年10月31日

三位一体後第22主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 10:30

三位一体後第22主日礼拝

2010年10月31日

  三位一体後第22主日礼拝  10:30
司会・説教 村椿嘉信
奏      楽 木下由美子
 
前      奏 (黙祷)
招      詞 (詩編138.6-7b)
讃  美  歌 441
交  読  文 詩編19編(p.5)
旧約  聖書 出エジプト記23章9節 (p.132)
新約  聖書 マタイによる福音書25章31−46節 (p.291)
祈      祷
説      教 「最も小さい者とともに」
祈      祷
讃  美  歌 377
献      金
主  の  祈 93-5
頌      栄 29
祝      祷
後      奏
			

 

本日礼拝後

  • 特別集会 礼拝後〜13:00。テーマ:「日本の難民受け入れ問題について」。難民・移住労働者問題キリスト教連絡会(=難キ連)事務局の佐藤直子さんをお迎えして。
  • 地域集会 杉並と中央・井の頭沿線(2グループ) 礼拝後〜14:00 会議室A

 

今週の集会

  • 祈り会 11月3日(水)10:30〜11:30会議室A。詩編116編を学び、共に祈ります。

 

次週(11月7日)予告

  • 三位一体後第23主日礼拝 10:30 説教「愛、喜び、平和‥‥」(ガラテヤ5,16-26) 村椿牧師
  • 定例役員会 礼拝後

 

今後の主な集会

  • 召天会員記念礼拝 11月14日(日)
  • 陶山義雄牧師の説教 11月21日(日)

 

教団総会報告

第37回教団総会が10月26日(火)-28日(木)に開かれ、村椿牧師が傍聴しました。教団総会議長に石橋秀雄牧師、副議長に岡本知之牧師、書記に雲然俊美牧師が選ばれました。また常議員の27名が選ばれました。常議員選は、今回から全数連記(一人ひとりの総会議員が、牧師14名、信徒13名の名前を書く)でなされ、その結果、常議員全員が多数派の中から選出されることになりました(少数意見はまったく反映されない)。新議長は、挨拶の中で、「目に見える教会は、信仰告白と聖礼典と教会法により現実化する」と述べ、この3つに反することは議論する必要はなく、議論することじたいが混乱を招くと繰り返しました。実際にいくつかの議案が、「議論することじたいがおかしい」という理由で否決されました。
 教団の中に多様な意見があり、さまざまな賜物を持つ人たちがいて、聖書に照らし合わせながら神の前でともに学び合い、ともに力を合わせるべきなのに、それができないのはとても残念です。[村椿記]

 

本日の説教から

人権、平和、環境等の問題に、キリスト者はどのように関わるべきなのか。大切なことは、社会の中で「最も小さいもの」の視点に立ち、その人とともに行動することではないだろうか。ボンヘッファーは、1938年に「ユダヤ人問題」について述べ、次の指針を明らかにした。

教会のとるべき行動:第1に、国家に対して、その行動が合法的に、国家としてふさわしい性格を持っているかという問い、つまり国家に、国家としての責任を目覚めさせる問いを投げかけること。第2に、国家の行動の犠牲者への奉仕をすること。第3に、車輪の下で犠牲となった人々を介抱するだけでなく、その車輪の動きそのものを阻止すること。[村椿嘉信]

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.140 sec. Powered by WordPress ME