2008年5月25日

三位一体後第1主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 10:30

三位一体後第1主日礼拝

2008年5月25日

  三位一体後第1主日礼拝 10:30
      司会・説教 廣石  望
      奏      楽 廣石由加

前      奏
招      詞 (ハバクク書2,20)
讃  美  歌 63 (1〜5節)
詩編  交読 詩146編 (p.159)
旧約  聖書 詩編133編 (p.975)
新約  聖書 ルカ福音書16,19-31 (p.141)
祈      祷
説      教 「ある金持ちがいた」
祈      祷
讃  美  歌 340
献      金
主  の  祈 93-5
頌      栄 27
祝      祷
後      奏
			

報 告 (ご高齢の方、お疲れの方は、讃美歌を歌う際、着席のままで結構です)

教会学校

本日礼拝後

  • 讃美歌練習 礼拝後約10分、会堂。木下由美子さんの指導で84番を練習します。
  • 懇談会 讃美歌練習後〜13:00 会議室A。特に決まったテーマはありません。常日頃思っていることを自由に話し合います。
  • 9条の会 13:00〜14:00 礼拝堂。村上牧師の発題「キリスト教信仰と憲法」があり、その後質疑・懇談します。

今週の集会

  • 東京教区総会 27日(火)10時~28日(水)正午、渋谷の東京山手教会で。玉嵜勝也さんと村上牧師が出席。
  • 祈り会 28日(水)10:30から、会議室A。『詩編』第8編を学び、共に祈ります。
  • 青年会 31日(土)正午頃から。堀江孝子さん宅に招かれています。お手作りの昼食を楽しみながらの交わりのひと時。

次週(6月1日)予告

  • 讃美歌練習
  • 6月定期役員会

 

報告

  • 村上牧師の牧師館滞在予定
    • 26日(月)午後〜29日(木)午前
    • 31日(土)午後〜6月1日(日)夕方

 

牧師室から

 説教テープを熱心に聴いて下さっているある方からお手紙を頂きました。このような形で反応があるのは、まことに嬉しいことです。

 それによると、この方が住んでおられる町の「9条の会」で、「教育勅語がなくなった今、道徳的な規範となるべきものは何か」ということが話題になったらしい。「平和憲法だ」という声が上がり、それに対してこの方は「それは聖書だ」と主張したかったのですが、日本のキリスト教は僅か1%に過ぎないし、その中で聖書を持ち出しても「国民の総意は得られない」と思い直し、「次善のものとして今の憲法かな」と考えられたらしい。これに関する私の意見を、一つだけ、以下に書いておきましょう。

 私は、「教育勅語がなくなったのは良いことだった」と心から思っています。「父母ニ孝ニ、兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ、朋友相信ジ…」といった個々の徳目が悪いとは思いませんが、教育勅語の最大の問題は、天皇を絶対の原理として学校教育や国民道徳を隅々まで支配・統制したということです。そのために、一人一人の人格に本来そなわっている筈の尊厳・権利・自由が著しく損なわれました。このことを考えると、「教育勅語に代わるものを」といった発想には、なにか危険なものを感じるのです。

 今の文教政策の底流には、「教育勅語に代わる新しい規範を再び統制的な原理として与えよう」という目論みが感じられる。それではせっかく過去の反省に基づいて獲得した主権在民・平和主義・基本的人権という憲法の理想が脅かされることになりかねません(村上伸)。

 
 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.150 sec. Powered by WordPress ME