2008年3月16日

受難節第6(棕櫚)主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Catchy @ 00:00

受難節第6(棕櫚)主日礼拝

2008年3月16日

  受難節第6(棕櫚)主日礼拝  10:30
司会・説教 廣石  望
奏      楽 村上典子
前      奏
招      詞 (1ペトロ3,18)
讃  美  歌 309
詩編  交読 詩22編 (p.23)
旧約  聖書 イザヤ書50,4-11 (p.1145)
新約  聖書 マルコ福音書15,21-41 (p.95)
祈      祷
説      教 「わが神、わが神」
祈      祷
讃  美  歌 311
献      金
主  の  祈 93-5
頌      栄 25
祝      祷
後      奏
			

報 告 (ご高齢の方、お疲れの方は、讃美歌を歌う際、着席のままで結構です)

 

教会学校

 

本日礼拝後

  • 讃美歌練習 礼拝後約10分、礼拝堂で。318番を木下由美子さんの指導で。
  • 臨時役員会 讃美歌を練習している間、会議室Aで。受洗希望者と面接します。
  • ガリラヤ会 讃美歌練習後〜13:00 会議室A。総会を開き、2007年度の活動報告、新年度の活動計画及び予算案、新年度の役員などを決めます。
  • 壮年会 讃美歌練習後〜13:00 会議室B。とくに主題は決めずに語り合い。
  • 青年会 讃美歌練習後〜13:00 会堂で。来年度の活動について話し合います。

今週の集会

  • 水曜日の「祈り会」 今週は休み。
  • 受難週祈祷会 21日(金)10:30〜11:30 会議室A。村上牧師の奨励「主イエスの十字架を偲んで」(詩編51編;ルカ23章)。アレグリ作曲『ミゼレーレ』を聴き、共に祈ります。

 

次週(3月16日)予告

  • 教会学校 9:00
  • イースター主日礼拝 10:30 説教「キリストの復活」 (1コリント15,1-11) 村上牧師
    洗礼式と、聖餐式を
    執行いたします。
  • イースター・フェスタ 12:30〜15:00 会堂の内外で。ゲーム、工作、ランチ、コーヒーなど盛り沢山のプログラム。ご近所の子供さんもお誘い下さい。詳しくはチラシを。

 

報告

  • 村上牧師の牧師館滞在予定
    • 22日(土)午後〜23日(日)午後

 

牧師室から

 「幻がなければ民は堕落する」(箴言29,18)。この聖句について、国際基督教大学(ICU)の森本あんり教授が3月4日の『キリスト新聞』に興味深いことを書いておられました。

この聖句は、ICUの初代学長・湯浅八郎が愛してしばしば引用した格言ですが、これを人々の心に深く訴える仕方で使った人物が他にもいる、それは、米国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトだ、というのです。

 ルーズベルトは1933年3月4日、大統領に就任した直後の演説で、この聖句を『欽定訳聖書』(キング・ジェームズ・ヴァージョン)から引用し、人々に志を高く持つように訴えたといいます。「幻なければ国滅ぶ」(文語訳)。

 33年と言えば、ドイツではヒトラーが権力を奪取してナチス政権が誕生した暗い年ですが、アメリカでもその4年前に始まった「大恐慌」の深刻な影響が後を引いていました。「金融は壊滅し、貨幣価値は下がり、人々は職を失い、税金は上がり、購買力は失われ、予算は削減され、貿易は凍結され…アメリカという国が沈没しかけた時であった」(森本)。

 ルーズベルトはこれらの困難の中で「幻なければ国滅ぶ」と訴え、その上でいわゆる「ニュー・ディール政策」を提案して新規まき直しを図ったのだ、と森本さんは説明しています。

 現代の世界は、正にこのようなリーダーを必要としているのではないでしょうか(村上伸)。

 
 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.169 sec. Powered by WordPress ME