2010年11月28日

待降節第1主日礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Susumu @ 10:30

降誕節第1主日礼拝

2010年11月28日

  待降節第1主日礼拝  10:30
            司会・説教 廣石 望
            奏   楽 鈴木 伶子

アドベント・クランツ点火(讃美歌242番1節)
前    奏  (黙祷)
招    詞  (黙示録22,20)
讃 美 歌  233
交 読 文  イザヤ書40章(p.44)
旧約聖書  詩編24編(p.855)
新約聖書  マタイによる福音書21,1-9(p.39)
祈    祷
説    教  「主の名によって」
祈    祷
讃 美 歌  231
献    金
主 の 祈  93-5
頌    栄  
祈    祷
後    奏
			

 

本日礼拝後

  • 9条の会 礼拝後 シリーズ『沖縄と安全保障』第1回 「沖縄に住んで考えたこと」発題者:村椿嘉信 その後、自由な討議

 

今週の集会

  • 祈り会 12月1日(水)10:30〜11:30会議室A。詩編119,1-8を学び、共に祈ります。
  • 地域集会 12月2日(木) 14:00〜16:00 練馬・西武線沿線グループ 西田和子さん宅
  • 待降節小礼拝 12月2日(木) 19:00〜20:00 担当:村椿嘉信牧師
  •  

    次週(12月5日)予告

    • 12月定例役員会 礼拝後

     

    今後の主な集会

    • 待降節小礼拝 12月9日(木) 19:00-20:00 担当:村椿嘉信牧師 2日、9日、16日と合わせて計3回、行います。16日は、廣石望副牧師が担当します
    • 待降節第3主日礼拝 12月12日(日) 説教:廣石望副牧師

     

    牧師室から

     先週は沖縄のいくつかの集会に参加しました。

     23日(火)には、NCC教育部と沖縄宣教研究所共催の『歴史を学んで未来をつくるホーラム2010−植民地主義とキリスト教』に参加しました。これは韓国強制併合100年を覚えて開かれたもので、かつての日本の東アジアでの植民地政策をふり返りながら、今日もなお残る「植民地主義」の問題を明らかにしようとする集会でした。

     25日(木)には、来年の10月に沖縄で予定されている9条アジア宗教者国際会議の準備委員会に参加しました。「憲法9条」をめぐって、沖縄の宗教者、沖縄以外の日本からの参加者、アジアからの参加者の間で、活発な議論がなされました。「飴と鞭」という言葉がありますが、沖縄の住民にとっては、憲法9条は「飴」であり、軍事基地、あるいは安全保障条約は「鞭」であると言えます。あるいは憲法9条は、「軍事基地の実態を覆い隠すために用いられてきた」とも言えます。日本は「憲法9条」があるから、戦争につながることはないと弁解しつつ、軍事大国への道を歩み、沖縄にも基地を押しつけてきました。沖縄で基地の被害を直接、受けている人たちにとっては、「憲法9条」と聞くと、「国民を欺くための道具?」としか考えられないのが現実です。

     26日(金)には、沖縄キリスト教センターの主催で、この秋に「ドイツ受難劇鑑賞と教会めぐり」に参加した人たちによる報告会が行われました。 [村椿嘉信]

    コメントはまだありません

    No comments yet.

    RSS feed for comments on this post.

    Sorry, the comment form is closed at this time.

    HTML convert time: 0.216 sec. Powered by WordPress ME