2021年10月17日

聖霊降臨節第22主日(信徒伝道週間・教育週間)伝道礼拝

Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 08:59

聖霊降臨節第22主日(信徒伝道週間・教育週間)伝道礼拝

 

教会からのお願い

コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

 

聖霊降臨節第22主日(信徒伝道週間・教育週間)伝道礼拝

礼拝式文

  • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

 

お知らせ

  • 本日の特別伝道集会(礼拝・講演会)に講師として青山学院高等部宗教主任の山元克之牧師にお越しいただきました。ありがとうございました。
  • 「教会たより」113号が発行されました。ぜひ伝道に、交わりにお用いください。
  • 牧師面談(中村)ご希望の方はご予約ください。
  • 礼拝堂に献花をご希望される方は1週間前までに中村牧師にお申込みください。

 

本日の集会

 

今週の集会

 

次週予告(2021年10月24日)

  • 教会学校 9:00「ほんもののひつじかいさん」ルカによる福音書13:22~24 土田潤子
  •  

    本日の説教者・山元克之牧師から

    (ご略歴)1978年滋賀県今津町生まれ。敬和学園高校、東北学院大学、卒業後2年間建築会社勤務。その後、退職し東京神学大学入学。吉祥寺教会で奉仕。2006年東京神学大学大学院修了後、主任担任教師として奥羽教区花巻教会就任。2013年東北教区センター主事を経て、2015年に青山学院高等部聖書科教員として着任。現在同校宗教主任。

     皆さん初めまして! 私は妻と、小学5年の長男と4歳の次男、13歳の愛犬(パグ)と一緒に暮らしています。趣味はラグビーをすること、観ること。最近は小学5年生の息子のラグビーを応援することと、次男と遊ぶことが何よりもの楽しみです。誰もが感じるであろう、子育てはもちろん、家庭を作ることの喜びと難しさを日々感じながら、過ごしています。聖書にはヒントがたくさんちりばめられています。そのようなことを皆さんと分かち合えたらと願っています。

    2021年10月10日

    聖霊降臨節第21主日(神学校日・伝道献身者奨励日)

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:05

    聖霊降臨節第21主日(神学校日・伝道献身者奨励日)

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第21主日(神学校日・伝道献身者奨励日)礼拝

    礼拝式文

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    お知らせ

    • 本日の礼拝に農村伝道神学校2年生の吉川拓実神学生が説教奉仕にお越しくださいました。ありがとうございました。
    • 特別伝道集会のチラシ、はがきができています。伝道にお用い下さい。
    • 礼拝後に「教会たより」作成の簡単な作業があります。ご奉仕いただける方はお残りください。
    • 牧師面談(中村)ご希望の方はご予約ください。
    • 礼拝堂に献花をご希望される方は1週間前までに中村牧師にお申込みください。

     

    本日の集会

     

    今週の集会

     

    次週予告(2021年10月17日)

    • 聖霊降臨節第22主日(キリスト教教育週間)伝道礼拝
      聖書:申命記7:6~8ルカによる福音書12:22~34
      説教:「小さいことは悪いことではない」山元克之牧師(青山学院高等部宗教主任) 讃美歌: 148、516
    • 伝道講演会 13:00~14:00「イエス様の教育論」山元克之牧師

     

    本日の説教者・吉川拓実神学生から

     この度、神学校日礼拝で説教を任せていただきました農村伝道神学校の吉川拓実と申します。 この学校は町田の野津田町という樹々が生茂った山にあります。森の生き物たちの声を聞きながらの授業や、「農」の視点から神学、禅(禅は本来、宗教フリーの修行方法)での黙想など、この学校でしか学べないことだとつくづく感謝しております。

     私の入学経緯は「安価で神学を学びたい」という理由からでした。私は関西出身ですので、同志社や関西学院などの神学部への入学も考えましたが、最終的にはこの農伝を選びました。卒業後は、まだ若いというのもあって、大学進学を考えています。ぜひ牧師にと期待されている方には申し訳ないのですが、大学進学は僕の目標であります。今回の経験を生かして、農伝での神学をさらに良いものにしていこうと思います。この度はお招きをありがとうございます。

    2021年10月9日

    特別伝道集会のご案内

    Filed under: お知らせ,今週の礼拝,催し — Ri @ 21:32

    2021年10月3日

    聖霊降臨節第20主日(世界聖餐日・世界宣教の日)

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:04

    聖霊降臨節第20主日(世界聖餐日・世界宣教の日)

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第20主日(世界聖餐日・世界宣教の日)礼拝

    礼拝式文

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    お知らせ

    • 牧師面談(中村)ご希望の方はご予約ください。

     

    本日の集会

    • 定例役員会(Zoom):14:00~16:00

     

    今週の集会

     

    次週予告(2021年10月10日)

     

    特別伝道集会

    伝道礼拝:10月17日(日)10:30~11:10
    説教「小さいことは悪いことではない」

    伝道講演会:同日13:00~14:00
    「イエス様の教育論」
    講師:山元克之牧師(青山学院高等部宗教主任)

    • Zoomでの配信も予定しています。

     

    9月各集会出席数報告

    主日礼拝

    人数(カッコ内はオンライン参加)
    9月5日 11(+22)
    12日 13(+16)
    19日 9(+26)
    26日 6(+20)

    主日礼拝平均出席数(会堂)10名+オンライン21名
    (前月11+18名)

    教会カンファレンス(9/19)出席24名

    教会学校

    子ども おとな
    9月5日 6 10
    12日 3 6
    19日 7 11
    26日 7 8

    祈り会

    人数
    9月1日 7
    8日 6
    15日 4
    22日 9
    29日 5

    2021年9月26日

    聖霊降臨節第19主日

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:01

    聖霊降臨節第19主日

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第19主日礼拝

    礼拝式文(聖書・讃美歌)

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    お知らせ

    • 牧師面談(中村)ご希望の方はご予約ください。
    • 礼拝堂に献花をご希望される方は1週間前までに中村牧師にお申込みください。

     

    本日の集会

    • 「教会たより」ミーティング(Zoom):14:00~15:00

     

    今週の集会

     

    次週予告(2021年10月3日)

    • 聖霊降臨節第20主日(世界聖餐日・世界宣教の日)
      聖書:創世記12:1~3使徒言行録 4:32~37
      説教:「心と思いを一つにして」中村吉基 讃美歌: 16、409 ※聖餐を祝います。
    • 定例役員会(Zoom):14:00~16:00

     

    神学校日・伝道献身者奨励日礼拝

    10月10日(日)10:30~11:10
    説教者:吉川拓実神学生(農村伝道神学校2年生)

    特別伝道集会

    伝道礼拝:10月17日(日)10:30~11:10
    説教「小さいことは悪いことではない」

    伝道講演会:同日13:00~14:00
    「イエス様の教育論」
    講師:山元克之牧師(青山学院高等部宗教主任)

    • Zoomでの配信も予定しています。

     

    牧師室から

     先週は教会カンファレンスを初めてZoomを用いて開催し、それぞれが久しぶりに時間を共有し、信仰を豊かにされるという経験ができたことを感謝しています。本日は早くも今年度の折り返し点、9月の最終主日を迎えました。

     来週の世界聖餐日・世界宣教の日を皮切りに、これから私たちは特別な礼拝をささげる機会が増えます。これは「ある目的のために祈る」時でもあります。例えば、世界聖餐日は世界中の諸教会の一致のために。世界宣教の日では教団から海外に派遣されている宣教師、また来日中の宣教師のために。神学校日・伝道献身者奨励日(10月第2主日)は、次代の教会を担う伝道者が起こされるために。また神学教育に携わる教師、神学生のために(農村伝道神学校で学ぶ吉川拓実神学生が説教奉仕してくださいます)。宗教改革記念礼拝、聖徒の日(召天者記念礼拝)など待降節までの間、たくさんの執り成しを神様に求めます。どうぞご一緒にこの祈りの輪に加わってください。

     そして、「伝道の秋」などと言いますが私たちの教会でも10月17日に特別伝道集会(伝道礼拝と伝道講演会)を企画しています。この機会に一人でも多くの人が代々木上原教会へと導かれ、イエスに出会ってほしいものです。ぜひ心を合わせて祈りましょう。そして身近な方々をこの機会にぜひ教会にお誘いください。講師の吉川神学生、山元牧師のためにもお祈りください。   (中村吉基)

    2021年9月19日

    聖霊降臨節第18主日(教会カンファレンス開会礼拝)

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:37

    聖霊降臨節第18主日(教会カンファレンス開会礼拝)

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第18主日礼拝(教会カンファレンス開会礼拝)

    礼拝式文(聖書・讃美歌)

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    お知らせ

    • 牧師面談(中村)ご希望の方はご予約ください。
    • 礼拝堂に献花をご希望される方は1週間前までに中村牧師にお申込みください。
    • 中村牧師の新著『マイカルの祈り 9.11同時多発テロに殉じた神父の物語』(あめんどう)ご希望の方は中村牧師までお申し出ください。

     

    本日の集会

     

    今週の集会

     

    次週予告(2021年9月26日)

     

    教会カンファレンスのごあんない(Zoom)

    「キリストにある」とは?――聖書翻訳を読み比べる

    2021年9月19日(日)

    • 10:30~11:10 開会礼拝・説教「与えられた恵みによって」中村牧師
    • 13:00~15:15 講演・廣石牧師、グループ別対話等

    Zoomでカンファレンスに参加する

     

    牧師室から

     本日は2年ぶりとなる教会カンファレンスを開くことができることを神に感謝しております。ここまで労してくださった廣石先生、玉嵜さんとともにこの日に向けて祈りと準備を重ねてきました。

     開会礼拝で共に与えられたローマの信徒への手紙12章1~8節ですが、本日の説教ではこの冒頭の部分だけ取り次がせていただきます。しかし、6~8節を読む時に、現代の教会の原型がすでにここにあったことを思います。実に面白いのです。

     「預言」する人とは「予言」ではなく、神の言葉を直接自分の言葉で語る者を指します。今でいうと牧師がこれに該当します。「奉仕」とは教会の日常的な新来会者、求道者、教会員の世話をする人のこと。「勧める人」は現代でいえばカウンセラー的存在でしょうか。「施しをする人」とは、この時代の教会は信徒の共同生活的側面が強かったため、経済面でのサポートをする人。「指導する人」は教会内外の問題に当たり、「慈善を行う人」は教会関係者の生活面での問題に当たる人などなど、それぞれが教会生活の長短などではなく自分の分に応じて奉仕していたということです。

     まだ歴史の短い、未成熟の最初期の教会にもすでにこのように「全員で」教会を形成しつつあったことは注目に値します。私たちもまたこれに倣い、教会づくりに力を献げ合いたいものです。   (中村吉基)

    2021年9月12日

    聖霊降臨節第17主日

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:02

    聖霊降臨節第17主日

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第17主日礼拝

    礼拝式文(聖書・讃美歌)

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    お知らせ

    • 礼拝後、ロビーにて中村牧師の新著『マイカルの祈り 9.11同時多発テロに殉じた神父の物語』(あめんどう)は割引価格(1000円)で販売します。ぜひご利用ください。
    • 牧師面談(中村)ご希望の方はご予約ください。
    • 礼拝堂に献花をご希望される方は1週間前までに中村牧師にお申込みください。

     

    本日の集会

     

    今週の集会

     

    次週予告(2021年9月19日)

     

    教会カンファレンスのごあんない(Zoom)

    「キリストにある」とは?――聖書翻訳を読み比べる

    2021年9月19日(日)

    • 10:30~11:10 開会礼拝・説教「与えられた恵みによって」中村牧師
    • 13:00~15:15 講演・廣石牧師、グループ別対話等

    お申込み(カンファレンス出欠確認フォーム)はこちら

     

    定例役員会(9月5日)報告(抄録)

    報告事項

    • SRさんご召天(8月5日)と近親者のみによる火葬に関して牧師より説明があった。教会墓地への分骨を希望されていたので折を見て納骨式を行う予定。またコロナ禍が収まった頃に記念会を持つ予定。

    協議事項

    • 教会カンファレンス(9月19日)はほぼ準備が整い、9月2週に資料等を郵送予定。ホームページにて申込を募ることとした。
    • 神学校日(10月10日)、特別伝道集会(10月19日、礼拝と講演会)は鋭意準備を進めている。
    • 召天者記念礼拝(11月7日、本年度から第1主日に行う)は、郵送で案内するが、Zoomでの開催となるため、返送用はがきは用いない。Zoomで出席できない方については教会に連絡をもらい配慮することとした。なお当日の聖餐は10月31日の礼拝に繰り上げることとした。
    • 子ども祝福礼拝(11月14日)、現時点で子どもと大人が会堂に集っての礼拝の実施が難しいことが予想されるため、ZoomでのCS礼拝の中で工夫して実施することした。
    • 教会住所録・電話連絡網の見直しについて継続協議がなされた。また教会案内をリニューアルし、用いることとした。

    (文責・中村吉基)

    2021年9月5日

    聖霊降臨節第16主日

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 08:15

    聖霊降臨節第16主日

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第16主日礼拝

    礼拝式文(聖書・讃美歌)

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    お知らせ

    • 新規の署名の依頼が届いております。ご協力ください。
    • 牧師面談(中村)ご希望の方はご予約ください。
    • 礼拝堂に献花をご希望される方は1週間前までに中村牧師にお申込みください。

     

    本日の集会

    • 定期役員会(Zoom):14:00~16:00

     

    今週の集会

     

    次週予告(2021年9月12日)

     

    教会カンファレンスのごあんない(Zoom)

    「キリストにある」とは?――聖書翻訳を読み比べる

    2021年9月19日(日)

    • 10:30~11:10(開会礼拝・中村牧師)
    • 13:00~15:15(講演・廣石牧師、グループ別対話等)

    お申込み(カンファレンス出欠確認フォーム)はこちら

     

    8月各集会出席数報告

    主日礼拝

    人数(カッコ内はオンライン参加)
    8月1日 11(+35)
    8日 8(+25)
    15日 7(+25)
    22日 8(+22)
    29日 8(+20)

    主日礼拝平均出席数(会堂)8名+オンライン25名
    (前月11+18名)

    教会学校

    子ども おとな
    8月1日 4 8
    8日 5 9
    15日 4 8
    25日 4 9
    29日 8 9

    祈り会

    祈り会は休会でした。

    2021年8月29日

    聖霊降臨節第15主日

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:09

    聖霊降臨節第15主日

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第15主日礼拝

    礼拝式文(聖書・讃美歌)

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    本日の集会

     

    今週の集会

    • 祈り会(Zoom):9月1日(水)10:30~11:30

     

    次週予告(2021年9月5日)

    • 定期役員会(Zoom):14:00~16:00

     

    教会カンファレンスのごあんない(Zoom)

    「キリストにある」とは?――聖書翻訳を読み比べる

    2021年9月19日(日)

    • 10:30~11:10(開会礼拝・中村牧師)
    • 13:00~15:15(講演・廣石牧師、グループ別対話等)

     

    牧師室から

     ギリシア神話の「パンドラの箱」のエピソードによれば、幸福をもたらすと見えた箱(甕)が、じっさいにはあらゆる災厄を人にもたらし、箱の底には「希望」だけが残った。F.W. ニーチェの解釈では、希望は「最悪の災厄」であり、人の苦悩を長引かせようとする神々の策略だ。

     つまり非合理的で、理性を麻痺させるもの、危険な自己倒錯また無知にもとづく幻想として、もともと余計であり、賢者には相応しくないのが「希望」というわけだ。

      しかし別の意見によれば、「希望」は己の体験のみに基づく、単なるポジティヴ・シンキング的な願望でなく、むしろ未だ現実でないものへの予感だ。希望は自己倒錯でなく、批判的に根拠を問う能力があるという。

     キリスト教信仰にいう「希望」は、神が与えるものであり、初めから人間の能力(徳目)を超える。

     そのとき、〈死んだら天国に行けますよ〉式の現状肯定に、「希望」を悪用してはならない。戦争や内戦による虐殺と難民流出、人種・宗教・国籍・性別その他による差別、原発のメルトダウン事故がもたす破壊と苦しみ、パンデミックが顕在化させる社会格差など――紛れもない「悪」の現実を、些末なものであるかのごとくカモフラージュするのが希望の役割ではない。

     真の希望は、人がこの世で生きる日常的な態度を変える力であり、被害者の傷を共同体が記憶しつつ、加害者との新しい共生を模索することにある。

     被害者と加害者、過去想起と未来構築の間にある〈亀裂〉は、新しい生き方が、過去の過ちへの正当な想起を含むことによって克服されねばならない。

     ――「安らかに眠って下さい。過ちは繰返しませぬから」は、希望の宣言なのだ。(廣石望)

    2021年8月22日

    聖霊降臨節第14主日

    Filed under: 今週の礼拝 — Ri @ 00:07

    聖霊降臨節第14主日

     

    教会からのお願い

    コロナウイルスの感染者が増大しております。インターネット環境をお持ちの方は、できる限りご自宅で礼拝のライブ配信をご利用ください。

     

    聖霊降臨節第14主日礼拝

    礼拝式文(聖書・讃美歌)

    • キリスト教学校の生徒の皆さん、その他「週報」がお手元にご入用の方々へ:この「礼拝式文」をダウンロード、プリントしてご利用ください)

     

    本日の集会

     

    今週の集会

    • 祈り会 8月中は休会です。

     

    次週予告(2021年8月29日)

     

    教会カンファレンスのごあんない(Zoom)

    「キリストにある」とは?――聖書翻訳を読み比べる

    2021年9月19日(日)

    • 10:30~11:10(開会礼拝・中村牧師)
    • 13:00~15:15(講演・廣石牧師、グループ別対話等)

     

    牧師室から

     ユダヤ教正典である旧約聖書の伝統を継承しつつ、キリスト教は、「ヤハウェこそ神であり、他にはいない」と告白する。イスラームが崇拝する「アッラー」(アラビア語で定冠詞つきの「神」の意)も、じつは同じ神だ。

     キリスト教とイスラームの人口は合わせて約38億人ともいわれ、これだけで地球上の全人口の半数を超える。

     他方で日本の一部には、「キリスト教をはじめとする一神教は、唯一の神しか認めないのでおよそ不寛容であり、戦争ばかりする攻撃的な宗教である一方で、日本のような多神教は複数の価値を認める点で寛容かつ平和的であり、また自然を大切にする点で、より優れた宗教のあり方だ」という主張がある。

     世界中の紛争に3つの一神教の何れかが関わっていることが多いのは確かであり、大いに反省が必要だ。

     しかし多くの場合、紛争の原因は宗教そのものというより、資源や支配権その他をめぐる社会的な対立にある。対立を煽るために、宗教の違いが口実にされる。

     そのさい、どの勢力が(より)不寛容かつ攻撃的になるかは、じつは一神教かどうかとは関係がない。――古代イスラエル国家を滅ぼしたアッシリア帝国やバビロニア帝国、初期キリスト教徒を迫害したローマ帝国、日本のキリシタンを迫害した徳川幕府、あるいはアジア諸国に天皇崇拝を強制したかつての大日本帝国は、すべて多神教国家だった。多神教国インドのカースト制度は、おそらくどの一神教よりも排他的だ。

     他方で、「剣を打ち直して鋤とし……、国は国に向かって剣をあげず、もはや戦うことを学ばない」(イザヤ書2:4)と宣言したのは、むしろ一神教のユダヤ教である。

     全世界がコロナ禍に見舞われている今、私たちは宗教タイプの違いを超えて、平和を追求したい。   (廣石望)

    次ページへ »

    HTML convert time: 0.258 sec. Powered by WordPress ME